ニュース

イランのソレイマニ司令官殺害からトランプ記者会見までのまとめ

くみちょー
くみちょー
1/3にイランのソレイマニ司令官が殺害されてからイランの反撃、トランプの記者会見までの動きを振り返ってみよう。
カス
カス
年始からドキドキするようなイベントだったね。。。FXやビットコインはこのイベントを受けてどう反応していて、これからどう動いていくのかな?

1/3ソレイマニ司令官殺害

今年はどんな年になるかなぁとみんながボヤーっと正月ボケで迎えた年始に舞い込んだ、大統領命令による米軍のイランのソレイマニ司令官殺害のニュース。

まず、日本時間の1/3の午前に米国によるソレイマニ司令官殺害の声明発表
次に日本時間昼頃にイランによる声明発表の順に、イランと米国の一触即発ニュースはスタートしました。

そのときのドル円の反応は以下の通り。

ビットコインの反応。

ビットコインは最初の米国による声明発表時の反応は、
リスクオフ時の反応とは違いますね。
金がリスクオフ時に買われる資産なのは間違いないですが、ビットコインは怪しいと私は思っています。

1/8午前イラクの米軍基地をミサイル攻撃

そしてイランによる報復行動。
日本時間の午前のこの報道にドル円は急落しました。
久しぶりの値幅を伴った下げが来るか・・・?
と思いましたが107.70程度までしか下げずすぐに反発。

イランによる戦争を行う意思がないことが続いて報道されると
時間をかけて全戻ししました。

トランプはミサイル攻撃を受けてAll is wellとツイート。

1/8夜トランプのミサイル攻撃を受けての声明

ツイート通りの声明となった。

“私が大統領であるかぎりイランは核開発はできない”

から会見はスタートし、

“アメリカ人に怪我はおらず、イランも行動を抑制している”

とマーケットの安心する発言。

そして後半には

“アメリカは中東の石油に依存していない。私がリーダーシップを発揮し経済も力強く米軍はどんな脅威にも立ち向かう”

と自信の功績をアピール。
結果として、イランの優秀な司令官殺害に成功し、反撃も予想の範囲内で戦争への発展の可能性が大きく排除されドル円もそこそこ上げました。

↓ミサイル攻撃からトランプ声明までのドル円。

↓同タイミングのビットコイン

まとめ

くみちょー
くみちょー
米国の戦いの上手さが再認識された格好だったきがするよ。司令官を殺害するとともに、中東への牽制、米国のプレゼンスの高さ、リーダーシップのアピールに成功したね
カス
カス
イランの反撃は国民の怒りを抑えるためのはけ口で、事前に米国に攻撃を告知していたり、すぐさま戦争の意思がないことを示していたね。やはり、経済衰弱による軍事力や持続的な戦闘をする体力が残っていないのかな。
くみちょー
くみちょー
そうだね。トランプの発言で、武力や戦いでイランに明るい未来は見えてこないという発言は、北朝鮮にも他人事には思えなかっただろうね。あと、個人的にはビットコインがリスクオフ時に買われる、というのが前提になりつつあるのは少し危ないと考えているよ。1/3の動き方も怪しいし。
カス
カス
そうかそもしれないね。国の影響を受けず、全通貨に交換可能であることを考えるとリスクオフ資産になってもおかしくないだろうけど、もう少し様子見がしたいかな。