仮想通貨

ドル円とビットコインのテクニカル分析2020/1/11

くみちょー
くみちょー
3連休だね~ごろごろするか~。
ほんだ
ほんだ
ちょっと!ドル円もビットコインもそこそこ動いたよ!これからどうするの?
くみちょー
くみちょー
そうだね、ドル円も110円という節目を前に、注目されているね。取り合えずチャートを見てみようか。

ドル/円日足チャート分析

まずはドル円のチャートから。

直近では109.70を何度か挑戦していて跳ね返されています。
ただチャートは力強い上昇を示していると思っています。
イラクと米国の一触即発を受けて、107.80付近まで下落しましたが、その後も完全な収束とは言えない状態の中での全戻しからの、上昇トレンドの継続。

チャート的にも109.70を抜ければ110.00が間近でオプションのポジションも溜まっているところだと思います。
オプション的には、110円付近では反発し跳ね返されますが抜ければスピードが出ます。

今逆張るならストップのオーダーを置いておくことをお勧めします。
ただ、低ボラ環境なので一旦MA50ラインの109.00ちょうどらへんまでの短期目線ではショートで見ています。
イベント、経済統計も多いので総合判断が必要なところですね。

上昇要因

・上昇チャネルの安定性
・MA50の支持ライン
・中期MAの支持ライン

下落要因

・109.70の壁
・110.00という節目

チャートは下記のサイトで見れます。

あらゆる資産のチャート、分析が見放題TradingView!
TradingViewの公式サイト

ビットコインの日足チャート分析

先週は76,7700の壁を抜けて上昇しました。
弱かった上昇チャネルも角度がついて
MA50を実体抜けしたことから、今度は下支えされるポイントが明確になれば上昇トレンドで見続けてよいと思います。
黄色の100MAを抜けてここを支持ラインとなると強いかなと思います。
現在は短期の上昇目線。
ドル円と合わせて、リスクオン、適温相場継続を支持するにはノイズが多すぎるかなという印象です。

上昇要因

・50MA抜け
・7600の壁抜け
・100MAの支持ライン

下落要因


・長い下降チャネルの上限

まとめ

くみちょー
くみちょー
まとめると
ドル円は下
ビットコインは上
で見ているよ。月初でイベント多くて難しいのと、ヒストリカルボラも上昇しているから、トレンドが出来たら逆張りは落ち着くまで控えた方がいいかもしれないね。
ほんだ
ほんだ
ビットコインは上に何もない雰囲気もするけど、最近はゴールドと相関しているからね。イベントリスクはらみ続けるのかな?
くみちょー
くみちょー
そのことについては今後触れたいと思っているよ。こういう場面で、イベントリスクに備えるためにストップオーダーで損失をケアしてもいいけど、一番いいのはオプションで備えることだね。損失を限定できるのがオプションの強みなんだ。もしビットコインが安全資産としての側面を強めながら、これだけのボラティリティを持ち続けるなら、オプションにうってつけの資産だね。もっと流行ると思うんだけどね。
ほんだ
ほんだ
オプションは少し難しいから。。
くみちょー
くみちょー
そうだね。でも、逆に言うと他のトレーダーと差をつけるチャンスでもあるよ。ビットコインのオプションで有名な取引所のURLと登録方法を置いておくね!

ビットコインのオプション取引ならDeribit!
Deribitの公式サイト

https://kumicho.jp/deribit